井戸掘り

今年の梅雨はそれらしい雨が降らず、
酷暑で8月は1ヶ月以上まともな雨が降らなくて、
夏の小国町は異常渇水。
我が家も早速井戸が枯れてしまいました。
ここ最近は気候が変わったのか、楢枯れのせいで山の保水力が落ちたのか、
家は毎年のように枯れるようになってしまいました。

だんなさんは色々と人に聞いたあげく、
ついに「自分で掘るか!」と言ってスコップとツルハシで掘りはじめました。

c0188860_10171964.jpg

この黒い管を底の方に入れるそうです。
目標は4メートル以上!

c0188860_10185819.jpg

はじめの1mほどは3時間ほどで簡単に掘れるのですが
そこから先が1日1mほどにスピードダウン。
2mをこえるとさすがに投げ上げることができないので、
ここからはウインチが登場。
近所の人にウィンチの動作を手伝ってもらって
ライトをつけてウィンチで地底に下りていきます。

c0188860_10222832.jpg


2.8m付近からそれまでの粘土と砂利から
湿っぽい砂利・と黒い石に変わり始めました。
井戸掘り業者の人の話しでは、いい水が出るところには黒い石があるそうな。
3m付近で少し大きな石を持ち上げたときついに水と出会いました。
ここから先も大変で、水は12度ほどで普通の長靴ではかじかんでしまいます。
底の方で光っているのが水です。

c0188860_10193771.jpg

最終的に4.5m掘りました。
たくさんの水量がどんどんと流れます。

c0188860_102027.jpg

アジアンな人。

掘り始めてから水道の蛇口から水が出るまで、
1ヶ月ほどかかりました。

こんなに水がないないと困っていたのに
地下の水脈にはどんどんと水が流れていることに
気づきました。
「掘れば出るんだね。」
思ったより浅いところで水と出会って、楽しかったそうです。

c0188860_1152057.jpg

わたしも洗濯とか炊事は大変だったけど、
乾季のタイでの2日間を思い出して慣れたりしました。

洗濯物をたくさん洗濯かごに詰めて車に乗せて
どかんとコインランドリーに運べたので
洗濯かごまた好きになりました。
[PR]

by kegoya-nikki | 2012-10-07 11:07

『マッピー』用ボーダー

<< 秋のたのしみ なーんにも >>