<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

鍵言葉

まだ先ですが、10月に「工房からの風」という野外展覧会に出展します。
わたしにとって、大きな意味を持つ毎日がはじまっています。

毎回、作家の言葉を編んだ冊子をつくる、濃密な「工房からの風」。
ここ何日か、つくる合間に、言葉と向き合う作業。
鍵言葉。キーワード。
心の中にひっかかる言葉を、出しては消して、つなげては消して、
頭がくらくらしたり、胸がすっきりしたり。

気づいた事。
自分のことを書くときは、
登山の途中に見晴らしのよいところにきて、
「ひぇ~、高~い。一歩一歩のきつい登りが、こんなに高いとこまで来てたの?
よくここまで登ったな・・・(これまた下るの、きつそう・・・etc・・・)」
としみじみ思える瞬間と似ている。

人生を(もうすぐ30年目。まだまだこれからが・・・だけど)
ふりかえって、よくがんばったな、
同じ道程くりかえせと言われたら
へとへとになって絶対にいやだけど、
うん、わたしらしい選択。だからここにいて、
これからもこの道筋でがんばらなきゃ、と思える作業。

でも、物書きしている人は相当のエネルギーを使うんだな~。

引き出してくれる人との出会いありき。
「工房からの風」のディレクターさんです。
よい時間となりました。

工房からの風HP
http://www.nikke-cp.gr.jp/cia/
[PR]

by kegoya-nikki | 2009-07-06 20:02

『マッピー』用ボーダー

かごの途中

楽しくつくる。

この状態に行き着くまで、
わたしはよく回り道します。
音楽つけてみたり、
気になった資料をひっくりかえしてみたり、
本をひらいてみたり、
絵にしてみたり。
どんなかごを作りたかったか、
思い出して決めていく作業。

いざ手が動き出せば、
勝手に頭の中も楽しくなってくる。
かごの途中が一番おもしろい。
この形から、取っ手はこうなるとおもしろいな、とか、
ここがこうなっても好きだな、とか。

今から、どうにでもなる分岐点にいるとき、
頭の中でいくつも表情が変わって、かごは楽しい。

沸いてきたイメージを描きとめて、
次への楽しみにする。
ひとつのかごにまとめるまでは大変だけど、
できて対面するときは、はじめまして、の人と会うみたいに、
第一印象がはいってくるときみたいに、
どことなく新鮮な気持ちになる。
どんな表情をしているか、はじめて見るとき。

ちなみに、今日は浴衣に合うようなイメージで
手桶みたいなかごを作りました。
木の取っ手が真横に貫かれて、
さばさばした印象というか、潔いというか。

浴衣や着物は普段着れない大胆な柄を着て、
自然をめでている感じがして好きだな~。
配色も斬新で、はっとする。

色とりどりと言えば、この時期のおばあちゃんの庭もいろんな花が咲き乱れてカラフル!
北欧やロシアもそうだというけど、冬の長い地域は
白一色の世界では寂しいので、家の中を飾って彩る。
その心境と同じでここらのおばあちゃんも自分を着飾るというより、
庭に色をつけるというか、華やかにするのかな。

写真は家のユリです。
球根からこんなきっぱりしたオレンジ色が出るなんて。
眠くなったら見に行くといいかも。

今日はかごの途中にあれこれ考えること、
そのまま書いてみました。
c0188860_18144137.jpg

[PR]

by kegoya-nikki | 2009-07-05 18:20

『マッピー』用ボーダー