<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

樹木は冬が一番充実する

色とりどりの夏に、たまに冬のことを思っては、
雪で真っ白になるのがうそみたいと思うのですが、
冬になると、雪が日常の風景になるのに
毎年慣れるのが不思議。

なってしまえば春まで真っ白。
雪かきとかほんっとに大変で、
なんでこんな非生産的なこと。。。と思いながらするのですが、
冬が一番好きです!(と言いつつ嫌いになることもしばしば!)

余計なものを一旦整理するように、枝葉を落とし、凍らないように水分も抜いて、
樹木は冬が一番充実するという詩か何かを読んだことがありました。

それからは、山の木々がそういうふうに見えてきて、
たぶん季節に追いつけ追い越せ、養分も蓄え、今年分は生長して、
やることやって、安心して、雪の中でもぴんっと立っているみたい。
わたしたちも(雪国暮らし)そうなんじゃないかなと思うようになりました。

春~夏にひたすらこまごまやったことで、
家の中で過ごす冬を迎えられる、というか。
はじめて体が休まる(わたしはかごづくりが多いので、特に旦那が。)

旦那の薪割りも、春からはじまり、
山菜やきのこの塩漬けも春~秋まで。

薪ストーブの上でつくる料理はほとんどが自給のもので、
ああ、あのとき旦那がやってた。と思い出しながら仕事の成果を食卓へ、という感じです。

今年はにわとり増やして(半分もらって)8羽飼っています。
越冬できるようにトタン製の鶏小屋を雪降る前につくっていました。
c0188860_050182.jpg


水飲み窓から覗いたところ。
c0188860_0402525.jpg

水が汚れないように、小さい窓から顔を出して水を飲むようになっているのですが、
飲み終わって引っ込めるとき首の毛が逆立って、鳥がライオンみたいになります。
いつか激写してみたいけど一瞬のことなので失敗続きです。

卵は冬だからペースが落ちるみたいで8羽全員で1日2~3個産みます。

c0188860_1112886.jpg


夏は1日6~7個産んでいたので、食べ切れなくて、
野菜をもらったお返しや、何かのお礼にと、おすそ分けで活躍。
喜んでもらえるので、「卵外交」でした。

冬はあれこれ思い返す余裕もあり、
やっぱり好きなんだな。

ちなみに、HPの木小屋にも、TOMOtさんが季節を察知して
雪をちらちら降らせてくれていますよ。
>> こちら

*TOMOtさんのHP、更にふくよかにリニューアルされました。
 絵の中なのに広がりがあって、
 あ、この感じ、ここに立ちすくんだことある、という絵。
 旅好きだからかな~? 
 >> http://www.tomomichi-suzuki.com/
[PR]

by kegoya-nikki | 2009-12-28 01:16

『マッピー』用ボーダー

月の出

この季節、雪が降るまでは、材料採りに山に入ります。
昼間はあたたかく、少し残った葉には赤や黄色、茶色など、
色がまだらについていて、
これが職場だと思うと気持ちよくなります。

夕暮れは熊さんに出くわさないかとだんだんおどおどしてきて、
そろそろ終わり!
はー、やれやれ、という感じで車に乗り込みます。

月が山から出てきたところでした。
「月の出」と言うのかな。

月から見ると「地球の出」が見えるんですよね。
その中でうじゃうじゃと小さく生活しているわたしたち。
材料も、山からいただいて、かごにして、使われて、
代々渡ったらいいな。
いつか土に返るか燃やされるか、おわりはわからないけど。

この山からできたかごは、日本のどこかにいくんだなとか。つれづれ。。。

とにかく、小さいけど、お仕事した気になりました。
c0188860_1303478.jpg

[PR]

by kegoya-nikki | 2009-12-03 13:03

『マッピー』用ボーダー