<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

雪まつり

きのうは以前住んでいた村での雪祭りがありました。

急遽近所の子も連れていくことになり、夜からわいわい出かけました。

お目当ての紙風船が飛んだ後に到着。
あー、遅かった。。
紙風船は、地元の人が2ヶ月近くかけて和紙に絵付けなどして作る8mの巨大な気球みたいなものです。

山の彼方にぼうっと飛んでいった紙風船は、吊るしたたいまつの火だけで飛んでいきます。
赤くめらめらと星のように光って見えました。
山を越えて隣町にも飛んでいく飛距離。
知らない人は人工衛星がUFOか、何事かと思うはず。

火が消えて山に落ちても、雪があるので山火事にはなりません。
雪山ならではの遊び。
平賀源内という科学者が考えた幻想的で素敵な遊びです。
秋田の角館で紙風船100基だか、とにかくたくさん飛ばすお祭りがあって、
このお祭りから教わり、ここの村でもはじめてやってみたとき、わたしも一緒になって作りました。
こんな重いものが果たして飛ぶのか?

本番当日。
巨大ガスバーナーで熱風を入れると、
むくーっと起きあがってきて、
ちょうちんのように中の火に照らされた絵が浮き上がる。
たいまつに火をつけて、
3,2,1でみんなの手を離すと、ゆらゆらと飛んでいき、
最後は星のようになっていきます。
我を忘れて感動したなー。
なつかしく、楽しい気分になりました。
来年は写真を撮るぞー。

c0188860_13193834.jpg

c0188860_1321150.jpg


雪像は地元の人が3日かけてつくったもの。
写真ぼけてすみません。
重機やチェーンソーを使ってつくります。
今年はクレムリン宮殿の縮小版だそうです。
近所の子も登りたーいと言ってました。

この雪像をステージにした出し物も。
わたしが来た頃、ちびっこでよくじゃれていた子たちも、
中学3年生になってここでは最後の踊りを披露していました。
となりで見ていたおじいちゃんおばあちゃんたちも、
「あの子○○くんだか、おっきくなったなー。」
みたいなやりとりがあります。
小中合わせて20人ばかりの学校ですが、
地元の人たち全員が名前を知っていて、
大家族みたいにかわいがっている。
なんというか、その地域の中で安心して、
動物みたいによく遊びまわっていて、
元気な子たちです。

高校も遠いので、下宿をする子もいます。
この子たちは高校を出て、どういう道を行くのかなーとか、
わたしも親の気分になってしまうのです。

こういう、みんなが元気だと確かめ合って、
みんなで元気にね、と見つめあっている雰囲気が、
やっぱり好きな場所。
久々に会った人たちも、元気そうで何よりでした。

c0188860_13255466.jpg

月に向かってほえる!
[PR]

by kegoya-nikki | 2010-02-28 13:29

『マッピー』用ボーダー

ナンパ散歩

きのうはぽかぽか陽気。
家の中のほうが寒くって、外に出て散歩したくなりました。

ちょっとそこまで、
家の通りを散歩していると、後ろからリンリンと鈴の音が。

愛猫、りーちゃんもついてくるではありませんか。
とことことことこ。気分はルンルン。

帰り道も一緒にUターン。
微妙に距離をとりながら、私がずんずん歩くと、走ってくる。
止まって振り向くと、脇の雪のにおいをくんくん。
だるまさんが転んだ状態だけども、
あー、なついてるんだな。しみじみ。

つかの間の散歩を終え、編んでいると、
「こんにちはー」
と近所のおばあちゃんがふたり。

出てみると、
「散歩してたら猫、ずーっとあっちまでついて来るもんだから、
バス来て危ないと思って、ここまで送り届けてきたんだ。
なつっこいものなー。」
と、りーちゃんをなでなで。

りーちゃんはえへへん、という表情。
誰かと一緒じゃなきゃ遠くへ行けないのかしら。
通りの散歩人をつかまえては、
リンリン、とことこ、ついていく。

わたしも散歩してる人も、うれしい気持ちにさせてくれる、
猫はえらいなー。
おおもとは、猫をうれしくさせちゃう太陽のおかげ。
[PR]

by kegoya-nikki | 2010-02-26 14:19

『マッピー』用ボーダー

本のつづきのページをめくるように

結婚する前に住んでいたところは、山奥でしたがとてもパワフルな土地です。

作っているものは、道具や着るもの、履くもの、かぶりもの、さまざまです。

草→ござ、笠、深靴(ワラ製の長靴みたいなもの)てんご(背負い籠。山菜など長いもの収穫します)
つる→ざる、はけご(腰籠。きのこなど収穫します)
樹皮→蓑(「みの」雨よけ雪よけの合羽や、荷物を背負うときの背あてとしても使います。)
枝、竹→かんじき(雪の上を歩く道具。和製スノーシュー)

c0188860_12203156.jpg


驚きの連続で、木小屋はまるで民芸館のようです。
骨董品のようで、実は現役です。
今でも使う生活なので、集落内でやりとりされています。

山形のおじいちゃんおばあちゃんからかごの編み方をちゃんと教わったのは数回でした。
教わったのは、編み続ける姿勢とか、
「こんなとこでこんなことができるんだ~」という楽しさでした。

朝飯前に30分。
山番や畑仕事が終わったら一服して、夕飯前に30分。
ご飯あとも寝る前にやるときも。
山仕事があっても、少しずつ。
雪かきあっても少しずつ。
気づけば一冬で何十個もできてる。

c0188860_128785.jpg


草でも木でも、曲げる、裂く、しごく、あぶる・・
試行錯誤でできた答え。
ボケ防止だと、笑い飛ばしてます。

体が重くても、気分が乗らなくても、もう編み始めてる。
本のつづきのページをめくるように、楽しそうに編む。

会うといつも楽しい気分になるのは、楽しい時間があるからだろうな。

たまにおばあちゃんから電話がかかってきて、
「今なにしてた?なにつくってた?」
と聞かれます。
はじめのころから、何を答えても
「ほう、したり~(それはすごいね←納得の意を込めて)」
と感心してくれるので、今思うと褒められて育ったみたいなものです。

旦那は「それでこんなに野放しになったのか。。もう褒めないでください。」
と会う人会う人に言ってます。。
[PR]

by kegoya-nikki | 2010-02-18 12:24

『マッピー』用ボーダー

炭焼き

炭焼き旦那が山形県の木炭品評会で優秀賞(2位)をいただきました。
堅さや焼き方や見た目のきれいさなどから審査され、
一番堅かったらしいです。
c0188860_22555037.jpg

おじいちゃんたちべてらんと混じって応募したもの。
白炭の生産が盛んな山形の炭の世界で、
ただ若者が炭焼きをしているという意味で何かと注目されていたけど、
きちんと質で評価されるようになったのが、うれしいとのことです。

昨年は優良賞だったので、1ランクアップ。

ここで黒炭と白炭のちがいを。
どこでも手に入る安価な炭は、黒炭がほとんどです。
それに比べると白炭は少し高価です。

2つは窯、材料、焼き方がまるっきり違うのですが、
簡単に言うと、黒炭は一度に大量に作れます。
だから火付きはいいので家で煮炊きやバーベキューには向いていますが、
すぐ燃え尽きてしまいます。

白炭はつくるのが面倒であまり焼く人がいません。
火付きは黒炭より時間がかかりますが、
すべての用途に向いています。

白炭は高火力で長時間燃焼するので、黒炭よりもお徳になることもあります。
有毒ガスの発生が少なく、室内でも使える炭なので、
今まで火鉢で気分が悪くなった方にもおすすめできます。

白炭で有名なところは和歌山の備長炭です。
あちらはあたたかいところで育つウバメガシという堅い木を使うので良質な炭ができます。

こちらは雪の中でがんばる重く堅いナラを使います。

白炭の仲間、備長炭に比べると火付けが容易で、半額以下!です。
コップに炭を入れて、ビールを注ぐとやわらかですっきりした味になります。
c0188860_236286.jpg

煮物、天ぷらもおいしくなり、一番おすすめは、お水。
やかんに炭を入れて沸かすか、水の中に一晩おきます。
まろやかになるのでコーヒーやお茶がおいしい。
繰り返し使えるので、浄水器を使う替わりにカートリッジも要らない炭が心地よく、
最後は砕いて鉢の土へ。
微生物が住み着いて土がよくなります。

いいことづくめの炭。

炭焼き。
吹雪の深夜にも布団から這い出て窯を見に行ったり、
木を切ったり担いだり、窯が言う事聞かなかったり、
はたから見ていて大変だな~と思います。
わたしにはできないな~。

でも、炭があるから半年もある冬に働けて、
春夏も炭を中心にマタギや山菜、畑など、季節ごとに違う仕事を愉しめる。
ある意味優雅な人で、よかったねとも思います。

だんなも、わたしの籠編みを、「よくそんなこと1日中やってられるな。」と言います。

この大変さなら苦にならない、気持ちいいとか、好きだと思える仕事が、
誰かの暮らしを気持ちよくしたら、
幸せなことですね。
炭の力をいろんな人に実感してほしいなと思います。
[PR]

by kegoya-nikki | 2010-02-10 23:12

『マッピー』用ボーダー

せっかくだから

かごづくりの毎日ですが、合間に、やることたくさん。
お待たせしている皆様、本当にごめんなさい。

薪ストーブをつけて、暖をとるだけじゃもったいないので
お鍋をかける。
じゃがいもとかかぼちゃとかりんごとか白菜とか、蒸したり煮たり。
旦那のマタギも始動する時期。
小さい動物を狩る時期。
射止めたり、逃げられたり、見つけられなかったり。
山から山分けしてもらうお肉をいただくのは、
とっておきの日か、冷凍庫がぱんぱんなとき。
鍋にしたり、だしをとって、何日かいろいろな料理にします。
ついでにつる細工で出たつるの屑も燃やしたり。

無視してかごだけ作っていればいいんだろうけど(よくないか。)、
せっかくここに暮らしているから、
木のエネルギーを無駄にしないように。
畑からのたくさんのじゃがいもに芽が生えないうちに。
山で駆け回っていた動物の命を無駄にしないように。
つるの屑も燃料に。

c0188860_173247.jpg


どうしたら気持ちいいかな。

合間に、あちこち動いて止まって。
要領は悪いけど、ここで暮らしていくことに不思議はなく、
どんどん工夫していきたくなります。
こんなあれこれがあって、かごが作れる生活ができると思うと、
やっぱり遠回りのようでこれがせいぜいできる範囲みたいです。
こういうのを積み重ねて、(まだ無視していることいっぱいあるので)
いずれおじいちゃんとおばあちゃんみたいな暮らしができたらいいなあ。

雪が冷たいのをいいことに、
何かを冷やすにはいいです。
さつまいものプリンも、1時間あれば固まってくれます。
ビールもぽいっと。
c0188860_174358.jpg

[PR]

by kegoya-nikki | 2010-02-02 17:47

『マッピー』用ボーダー