<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

お母さんや羊や、編む

編む展終わり、
お越しいただきありがとうございました。
編むお仕事にこれから進む若い学生さんに会ったり、
編む展はタイトルどおりのお客様もいらっしゃいました。

12月・ゆかさんのテンションあがる展示で
かごがうきうきして見えました。

忘れていた好きなこと。
kegoyaのかごをゆかさんワールドで遊ばせてもらった感じです。
また何かやれますように。

昨年出会って心にあった早苗さんのミトンと履くものも、
いつか雪国の生活必需品として、わたしのもとにも来てくれそうです。
わたしが昨年話してた山形のことを覚えていてくれて、「足、寒いでしょう~」という、
お母さんのような気持ちで、「編むよ~」と話してくれた早苗さん。

冬は毛糸の靴下を毎日のように履いていますが、
学生時代に雪山用にと買ったときから、(今は登山さっぱりですが。。)
ずっと愛用してるものもあり、
毛糸は濡れたところ踏んじゃったとしても、雪入ってきたとしても、
一仕事している間は、それ以上冷たくならないというか、
体温に戻って凍らないのですきなのです。
羊さんさすが、それを足や手の形に編んで造形するヒトもあらためてすごい。
雪かきとかも、早苗さんのミトンでちょっと楽しいはず。
こちらの生活は、少しずつの何かから、力をもらっています。
本当にありがとう~~

中川たまさんも忙しいなか、家の小麦粉やかぼちゃでつくってくれた
食べ物も、とてもおいしかったです。
家に着いてから、パンケーキは4段重ねでどーんといただきました。
かりんとうとかぼちゃジャムも、食べてみたら家のものがどうしてかしら、
作ってみたいおいしさでした。

編む展では、逆に何かいろんなことをもらいに行った感じでした。

きのうは気づいたらクリスマス・イヴで、
夕食にろうそくをつけたくらいだったけど、
それがとっても落ち着いた~。
毎晩やりたいこととして、よーく覚えました。(はたして。。)

新しく作業部屋についた薪ストーブと、
熊よけ鈴で無理やりトナカイへ変身させたうまっこ。重そうだ
c0188860_1095347.jpg


かごのミニチュアをぴかぴかさせて
c0188860_10584255.jpg

よいクリスマスを☆

今年もありがとうございました。
[PR]

by kegoya-nikki | 2010-12-25 11:17

『マッピー』用ボーダー

求めて咲く花

明日から
12つきさんで「編む展」はじまります。
那須早苗さんの毛糸の編み物もたくさんでます。

那須さんとのやりとりの中で、
羊も刈られたあとは風邪ひいたり肺炎になるから
あまり短く刈り過ぎない寒い国のおばあちゃんのお話とか、
羊さんが自分の防寒のための毛を、わたしたちは着たりしてるんだよね、とか、
あったかい編み物のあったかな話を聞けました。

色編みかご
c0188860_21425879.jpg


黒っぽい
赤っぽい
微妙な木の色を、まぜこぜにして編みました。
どこかの街で目を留めた、いろいろな木の板を
つぎはぎにはめた壁を思って編みました。

c0188860_21545768.jpg

他にも、チェック柄を入れてみたり、
waveを入れてみたり(写真左)、
魔女が持ちそうなかごなどなど。

時間がなくなる中で、
「編む展」なのでいろいろ編んでみたいものを編んでしまう、ちょっと大変な渦の中。

民芸の本の中にあった言葉を思い出しました。

「手箒に、色糸を編みこんで飾る。
安く売る品になぜこのように手をかけ、
美しく飾るのか。
利を超えた求めが人間にはあるのである。
市場で見れば花の様に咲いている。
買わないではいられない情をそそる。
農家の片手間の仕事であろうが、
どの家で用いても悦ばれるであろう。」

編むのはそれなりの作業量と根気がいるけど、
編んでいるうちに湧いてきた求めをちょっとくらい出して、
出せるようになる幸せが小さな模様となって現れて、
それを見た人に花を見つけたかのように一瞬出会えたら、と思うと、
できたときはとてもうれしい。

編む展でも、
いろいろな編みものが咲いてるはずですよ!
[PR]

by kegoya-nikki | 2010-12-10 22:36

『マッピー』用ボーダー