<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

ちょうどよいところ

早いもので明日から3月です。

気づいたら雪の高さは半分になって、
厳しい冬は過ぎていました。

ことしはとくに休みなく積もって、
ニュースで見る映像のように、
雪かきを何時間かしていました。

そんなこんなでかごを作っている時間は思うようには
とれないけど、
冬は
白 黒 水色
の世界。
雪と木の黒と空の色の景色が
遠くから
冷たい空気の透明を通り越して、目に入ります。

気持ち的には、透明な、1日1日が淡々と、過ぎていきます。

日も暮れるの早いしな。

気持ち的には、やっぱり冬はものをつくるのに
向いているんだと思います。

時間という軸から見たら、雪に消されるかごもあります。

本来生む時間のはずなのに、天から大量の別の仕事が降ってくるので^^;

でも、ものが生まれる世界の、プラスとマイナスの、
ちょうどよいところにいるみたいな気もしてくる、
不思議な冬です。

この雪深さのおかげでつるはしなやかで強い、
絶妙な材料をもらえるし。

だから、かごにも素直に、ちょうどよく、
都会でも、自然を放ってほしいと思っています。

春の鹿児島はどんなだろう?
花、色、黒豚、さつまあげ・・・
ガイドブックをちら見しては、初の九州に心わくわくです。

今回のDMも、最近いろいろ考えたときに、
わたしは木側に立たなきゃ
やっていけないやと思って、

素材の木側を大事にした作品を作っていきたくて、
木の表情のDMになったらなと絵描き部長のTOMOtさんにお話していたら、

TOMOtさんもたまたま木版画の展示を見て
「木を彫りたい」
となっていたときだった!そうなので、
こちらの木とあちらの木(どこの木かはもう不明)が話し合ったかのように、
今のわたしにがっちりばっちりのDMができあがったのでした。
(木版画にくわえて、デジタルで素敵に加工もしてくれて、
新旧いりまじる絵描き部長)

demiさんも、初めて伺いますが、
一昨年の工房からの風のときにわざわざ鹿児島から
来てくれて、やっとこさで実現する展示会です。
すごく楽しみです。

あ、天然生活のイベント便りというコーナーにも
載せていただきました。

お近くのかた、どうぞ遊びにきてください。
[PR]

by kegoya-nikki | 2011-02-28 20:59

『マッピー』用ボーダー