<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

風の余韻

去る10月13~14日の工房からの風、直前まで悩んだのですが、
安定期ってほんとに安定してるのね~と思うくらい
調子もよかったので
里帰りも兼ねてわたしも行ってきました。

赤ちゃんがおへそから覗いたのか
森友見子さんのブースで揺れていた
色と形がやさしい再生紙のメリーに引き寄せられていたら
会場に居合わせた義母さんが
こっそり買ってプレゼントしてくれました。
とてもうれしかったし
あとで会った森さんも喜んでくれました。

きっと毎年こういうものとの出会いひとつずつが
たくさん起きているんだなと思うと
やっぱり作る側としてもまた出たいなと思いました。

1度出展すると2年間は間をあけないと応募できないので
3年前に一緒に出た人たちが
ちょうどたくさん出展していました。
こうしてたまに会えるところがうれしい。
仕事が広がっていて
やっぱり見ていて楽しい展覧会です。

出展していたtomotさん夫婦と
手伝いに来ていたomotoの智子ちゃん(字が似てる!)
と晩御飯を食べて帰りました。

tomotさんは宮崎に移ったし
智子ちゃんもいわきが多くなってきたので
なかなかもうない機会だねと言って。
作ること 続けること 人と違うけど自分の 
これだけは忘れないようにしていれば大丈夫と思うこと
それぞれの中に思うことを話せるのっていいな。

翌日は
「赤ちゃんとの生活も見に来れるし、遊びに来てね」
と那須早苗さんの家に遊びに行きました。
山形から実家に持ってきた栗で栗ケーキを作って持っていったら
「ほんとにうれしい!」と食べてくれました。

母は栗むきを手伝ってくれて
自然のものをたくさん食べて元気になる人だから
何かしらいつも食べ物をたくさん
(ガラガラで行くときは荷物の半分!)
持って帰るのです。

赤ちゃんはすごく元気!
早苗さんは穏やかに過ごしていて
野菜のおいしい白いスープをごちそうしてくれました。

赤ちゃん用品の買い物から
分娩台の幸せな気持ちまで
いろいろ聞かせてくれました。

一番怖かったものを
そっと、どけてくれたので来てよかった。
わたしのそのときはどうだろう、
まだドキドキはするけど。

その次の日は
仕事での約束があって青山の方へ出かけました。
ちょっと緊張したけど
道すがら岡本太郎記念館の前を通って
庭のにこっとした作品を覗いて
元気をもらいました。

山形へ帰ってきてなんだかんだ
冬になりつつあるけれど

今日から、工房からの風の書籍に関連したイベントが
galleryらふとで始まります。
下記、HPより
:::::

- 風の余韻 - 
11月3日(土)・4日(日) 11時~17時

『工房からの風-作る・働く・暮らす・生きる-20の工房を訪ねて』書籍販売と、
掲載作家の中から10人の作品の展示販売をいたします。

出展作家
井上枝利奈/ガラス ・ 小原聖子/金属 ・ 川端健夫/木工
鈴木有紀子/ろうそく ・ 津田清和/ガラス ・ 初雪・ポッケ/木工+金工
舞良雅子/染織 ・ 森文香/染織 ・ JUNIO/陶芸 ・ 吉田慎司/箒

http://www.kouboukaranokaze.jp/raft/exhibition02/1065/

::::

わたしのかごたちは風の余韻展ではないのですが
今、ヒナタノオトさんで数点置かせてもらっています。
そちらでは「urizun・高見由香 冬の布展」もやっています。
こちらもぜひおでかけください。
[PR]

by kegoya-nikki | 2012-11-03 11:05

『マッピー』用ボーダー